スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真論 / スーザン・ソンタグ

スーザン・ソンタグの写真論。日本語版の初版が出たのが1979年4月とあるから、もう30年たったことになる。原書の出版は1977年。写真を取り巻く状況は、当時とは、全くといって良いほど、劇的に変わっている。万人がカメラを持ち歩いて(しかも、それをカメラと意識せずに)いて、しかも撮った写真を即時に全世界に配信することさえ可能という、それほど写真がカジュアルになった現代だからこそ、このソンタグの写真論はもう一度読み直す価値があると考える。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。