fc2ブログ

忌野清志郎の訃報に接して

2009年5月2日、思わぬ訃報に接して驚いた。
 バンドRCサクセションやソロで活躍した日本を代表するロックシンガーの忌野清志郎(いまわの・きよしろう、本名栗原清志〈くりはら・きよし〉)さんが2日、がん性リンパ管症のため死去した。58歳だった。葬儀は9日午後1時から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。喪主は妻の栗原景子さん。

 51年東京都生まれ。70年にアコースティック編成のバンドRCサクセションでデビュー。その後、よりロック、R&B色を強くしたバンドとして生まれ変わり、「スローバラード」(76年)「雨あがりの夜空に」(80年)「トランジスタ・ラジオ」(同)などがヒット。82年には坂本龍一さんと歌った「い・け・な・いルージュマジック」が話題になった。
http://www.asahi.com/obituaries/update/0502/
TKY200905020195.html

RCサクセションの曲を初めて聴いたのは1980年頃。FMラジオから流れてきた「雨上がりの夜空に」は、それまでに聴いたことのない種類の歌詞と音楽で、衝撃的だった。「トランジスタラジオ」や「ぼくの好きな先生」も良かった。

ニュースでは、テレビ等での「事件」や、曲の発売禁止騒動などにも触れられている。独特の存在である。

個人的に気になるのは、彼が、確か雑誌の企画かなにかで、自転車でキューバを走り回ったということを、そのときに彼のガイドをしたキューバ人から聞いたことがあるのだが、その話題に関するページが、インターネット上では見つからない。日本では知られてないのだろうか。 2005年の9月には、忌野清志郎の愛用自転車「オレンジ号」が盗難にあったというニュースが流れており、そのニュースの中では自転車の価格が160万円と報じられていたから、確かにサイクリングが趣味であったことは間違いなかろうと思うのだが。

忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館 [DVD] 清志郎

© zig zag road runner, 2009.

コメント

非公開コメント