FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終戦記念日


今日(2015年8月15日)は終戦記念日です。

日本にとっての太平洋戦争が終結してからちょうど70年たちました。

もちろんその戦争の当時、私は当時は世の中にまだ存在してませんでしたが、あらためて、一市民として、あの戦争を評価してみると、大雑把ですが、次のようなことが言えると思います。

評価といっても、結果が結果ですから、敗因分析的なものになるのはしかたありません。

第1に、他国への侵略であるという形になってしまったことは、まずかった。

第2に、上のこととも関係しますが、世界の中で孤立する方向の戦略を取ってしまったことは、まずかった。
国として主張すべきことがあるにしても、他国との関係においてその正当性が認められなければならないということでしょうか。

第3に、失敗であるから終結させる、という判断が非常に遅れたことは、まずかった。
精神論で突っ走ってしまって引き返せない、ということは、今でもいろいろ起こり得ます。

要するに、私が思うことは、戦争そのものに賛成とか反対とか、そのいずれであるにしても、そういう理念的なことを考えているだけでは何も進歩がないのではないかということです。

時代が変われば、国際社会の枠組みも変わります。
日本の地位も、70年前と現在とでは、かなり違います。
基本的に、現代のほぼすべての国は、平和主義的です。
しかしながら、軍事力が意味をもたないわけではありません。
国対国の戦いもあるかもしれませんが、より大きな脅威は、国家(または国家連合)対非国家という戦いです。

それらのことを総合的に捉えながら、国の自衛ということを考えていく必要があるのだろうと思います。

高度な理性が求められるでしょうね。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。