スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐阜県高体連がバスケットボール優勝校を訂正 - 競技規則解釈の誤りにより

2017年6月2日、岐阜県高等学校体育連盟は、5月28日まで行われていた県高校総合体育大会において、バスケットボール男子の優勝校の決定方法が誤っていたとして、優勝校の変更(訂正)を発表した。

バスケ男子の最終日である5月28日、決勝リーグに4校が出場し優勝を争ったが、このうち富田高校と岐阜農林高校とが勝ち点と得失点差でイーブンに並んだ。こういった場合、競技規則では当該チーム間の対戦結果で判断することになっているが、県高体連は、総得点差に基づいて富田高校が優勝と、一旦決定した。

その後、外部からの指摘に基づき、県高体連は日本バスケットボール協会に問合せ。その結果、富田高校を優勝とした規則解釈が誤っていたことが判明し、6月2日の訂正につながった。

結果として、岐阜農林高校が優勝。岐阜農林高校が全国大会に出場することになった。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。